済生会湘南平塚病院

理 念

地域のみなさまが安心し・快適な暮らしができるよう、有効かつ安全な薬物療法の提供を実践します。

基本方針

・医薬品の適正使用に努め、質の高い薬物療法に貢献します
・医療の安全確保と質の向上に努めます
・臨床薬剤師の育成のため、日々研鑽に努めます
・地域の薬剤師との連携を図り、患者さんの利益向上に努めます

ごあいさつ

済生会平塚病院薬剤科では、「適正使用」、「安全確保と質の向上」、「薬剤師の育成」、「地域の薬剤師との連携」を基本方針として、日々業務に取り組んでいます。薬剤科は、常勤薬剤師5名で業務を行っています。すべての薬剤師が病棟担当を受け持ち、臨床業務を行っています。

薬剤師の仕事

調剤業務

処方せんに基づいて内服薬、外用薬、注射薬を調剤しています。処方せんの記載内容や投与量、投与経路、投与期間、相互作用などに問題がないことを確認します。処方せん受け付けてから複数の薬剤師でチェックをしてから患者さんにお薬を交付します。入院患者さんに関しては、剤型が適しているかなども考慮し、調剤を行います。

持参薬管理業務

入院時に持参されたお薬は、安全に使用できるよう薬剤師が必ず確認しています。また、安全に使用できるように1回服用量ごとに分包して、配薬カートのケースにセットしています。医師に対しては、継続処方の支援も行っています。


薬剤管理指導業務

医師の指示、投薬状況、検査値などを確認し、入院患者さんの適正な薬剤使用に努めています。また、患者さんのベッドサイドに伺い、服薬指導や副作用モニタリングを行うことにより、患者さんの薬に対する知識や服薬への知識の向上、副作用の早期発見などに努めています。


医薬品情報提供業務

医薬品を適切に、かつ安全に使用されるためには、医薬品の正しい情報の入手が不可欠です。書籍やインターネト、文献などから情報を収集・整理して、医薬品情報をわかりやすく加工して、医療現場に提供しています。また、各部門からの医薬品についての問い合わせにも応じています。


医薬品管理業務

医薬品の購入と各部署への供給などの在庫管理を行っています。また、薬剤科内、病棟・外来の医薬品について温度などを定期的にチェックし、保管状況や薬の有効期限の確認、品質の管理を行っています。また、麻薬、向精神薬、毒薬、血液製剤の管理も行っています。

チーム医療について

近年の医療は医師だけでなく、それぞれの専門職種がチームとなって患者さんの治療に携わっています。現在稼働しているチームは、感染対策、褥瘡、緩和ケアで、薬剤師も積極的に参画しています。

当院をご利用の方へ
 

関連施設

済生会湘南平塚病院

 

〒254-0036 平塚市宮松町18-1

TEL/0463-71-6161

外来受付時間

月〜金

■午前
午前8時30分〜
午前11時30分
■午後
午後1時30分〜
午後4時00分

■午前(初診・急患のみ)
午前8時30分〜
午前11時30分

休診日

日・祭日・年末年始

ページトップ

〒254-0036 平塚市宮松町18-1
TEL:0463-71-6161㈹  FAX:0463-71-6163

Copyright c 2017 Saiseikai Shonan Hiratsuka Hospital All Rights Reserved.                (医療機関コード:2010304)