済生会湘南平塚病院

地域の人々の安心した暮らしに貢献できる看護を実践するために、患者家族の思いをくみ取り、専門性の高いケアを提供します


3階南病棟看護課(一般急性期病棟)

 一般急性期病棟として、急性期治療を必要とする内科・整形外科・リウマチ科の患者さんを受け入れています。周手術期の看護から高齢者特有の繰り返される疾患の急性増悪の看護までを行っています。パートナーシップ看護システムを導入しており、看護師がペアでケアにあたり安全な看護を提供できるように努め、毎日カンファレンスを開催し、早期離床や廃用症候群の予防に努めています。患者さん一人ひとりに向き合い安全で安心できる入院生活を送ることができるように、多職種と連携しチーム医療を提供しています。

3階北病棟看護課(地域包括ケア病棟)

 地域包括ケア病棟として、急性期治療を終えたリハビリテーションを必要とする患者さんや在宅療養中で入院治療が必要となった患者さんの受け入れを行っています。平成28年度の診療報酬改定に伴い手術を要する患者さんの受け入れも可能となりました。そのため、平成29年7月以降は、予定での手術患者さんの受け入れを行っていきます。患者さん一人ひとりに合わせ、安心して在宅復帰できるように主治医、相談員、リハビリスタッフなどと、定期的にカンファレンスを行い、安心して退院できるように看護を提供していきます。

4階南病棟看護課(回復期リハビリテーション病棟)

 回復期とは脳血管障害や骨折の手術など急性期の治療を受けて、病状が安定し始めた発症から1~2か月の状態をいいます。この回復期の時期に集中的にリハビリテーションを行うことが最も効果的です。リハビリは朝目覚めた時から始まります。日々のトイレ動作や更衣動作などリハビリスタッフと看護・介護スタッフが病棟内での生活時間におけるリハビリテーションを積極的に行います。各々の病状や症状に合わせてリハビリテーションプログラムを多職種で共同作成し、リハビリを行っていきます。一日も早く社会に復帰できるよう多職種でケアを提供致します。

〈入院対象となる方〉
脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)、骨折(一部除く)、脊髄損傷、頭部外傷など

4階北病棟看護課(地域包括ケア病棟・10月~)

 地域包括ケア病棟として急性期治療後のリハビリテーションを必要とする患者さんや、在宅などで療養されている患者さんの入院を受け入れます。在宅や施設などへの移行の不安を軽減できるように、患者さん一人ひとりに沿い、心のこもった看護援助を行っていきます。また、主治医・専従リハビリテーションスタッフ・MSWなどと連携し、在宅復帰にむけてカンファレンスを行い、患者さんが安心して地域に帰れるように看護を提供します。また、パートナーシップナーシングを導入しており、看護教育力と看護の質の向上を目指しています。

手術室看護課

 私達は、「患者さんの不安ができるだけ少なく、安全に手術を受けて頂く」という事を念頭に手術室看護に取り組んでいます。術前訪問を実施し、同時に手術部位の確認も行っています。ここで得た情報を、麻酔科医、主治医に伝え、患者さんのご希望に出来るだけ添えるように情報提供しています。手術室というと冷たいイメージがあると思いますが、手術を受けられる患者さん一人一人に合った、暖かく思いやりのある看護が提供出来るよう日々努力しています。

外来看護課

 外来看護課は、看護方式を固定チームナーシング、一部受け持ち看護師制をとしています。外来看護の専門性を向上するために、チームミーティング、外来看護ミーティングを定期的に行い継続看護の実践に取り組んでいます。日々、診療の補助や検査の補助につとめながら、外来受診のその先にある在宅療養生活に看護の視点を巡らせ、住み慣れた地域で通院しながら生活できるための看護提供を行います。これからも医師、コメディカルとの連携を強化し、地域の皆様から信頼される外来として存在できるよう努力を致します。

看護相談室

 看護相談室は、日本糖尿病療養指導士、神奈川県糖尿病療養指導士、糖尿病足病変フットケア研修終了者、排泄機能指導士、NST療法士、緩和ケア認定看護師、感染管理認定看護師等の有資格者が外来通院中の患者さんとご家族の療養生活の相談に応じ、より質の高い在宅療養生活を送るための支援を行っております。緩和ケアについては、ご要望に応じて近隣の訪問看護ステーションとの同行訪問にも対応しております。今後は骨粗鬆症マネージャーの育成も行い、外来通院中の患者さんをサポート致します。

看護教育課

 当院は教育体制としてクリニカルラダーを導入し、段階に沿った教育研修の企画運営を行っています。新人看護師研修およびステップ毎(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ)の研修が開講され、当院の特徴的な老年看護や認定看護師からの専門性を深めた研修なども組み込まれています。学び得た知識・技術が実践で活用できるように支援し、自立・自律した看護師の育成を目指しています。これからも専門職としてスキルアップできるよう企画運営を行い、個々のライフサイクルに応じた自発性を大切に自らデザインしていけるよう支援していきたいと考えています。

 

ページトップ


(医療機関コード:2010304)
〒254-0036 神奈川県平塚市宮松町18-1 電話:0463-71-6161(代表) FAX:0463-71-6163

Copyright c 2017 Saiseikai Shonan Hiratsuka Hospital All Rights Reserved.