済生会湘南平塚病院

診療科のご案内

膝関節リウマチ関節外科

║ 膝関節リウマチ関節外科の特徴

関節リウマチは自己免疫の異常により自己の関節を攻撃破壊する疾患です。 現在早期に診断し加療すれば、関節破壊を伴う事もなく抗リウマチ薬の投与により、関節痛をなくし日常生活も支障無くおくることが可能です。しかし、治療が遅れると、関節破壊を伴い関節変形をきたしてしまい、関節手術が必要になってしまいます。早期診断、早期治療が不可欠です。この10年で治療薬も進歩し、生物製剤の使用で寛解も夢ではなくなりました。

リウマチは全身関節疾患です。 肩、肘、外反母趾等変形関節の人工関節置換術が必要になることもあり、そのため関節外科を標榜しています。リウマチだけではなく膝、股関節での歩行障害も、人工関節置換術により変形をなおし、痛みのない歩行を可能にします。スポーツ膝障害(前十字靭帯損傷、半月板損傷など)に対しては、関節鏡手術を施行します。

║膝関節リウマチ関節外科で診療する主な疾患

両手の朝のこわばり、両側の手関節・指関節の痛み・腫脹、両足の指関節痛、及び両肩、両肘、両膝等の関節痛が特徴です。特に手指の痛みは関節リウマチでは特徴的ですので受診をお勧めします。リウマチだけではなく、変形性膝・股関節関節症、スポーツ膝障害靭帯損傷、半月板損傷でもご相談下さい。

║ スタッフ紹介

医師名 学会専門・認定医・資格 専門分野
堀越 万理子

院長補佐
リウマチ関節外科部長
医学博士
日本医師会認定産業医
日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定スポーツ医、
認定運動器リハビリテーション医
日本リウマチ学 会認定医
日本体育協会 公認スポーツ医
膝関節外科
リウマチ
スポーツ外傷
人工関節置換(肩、肘、股関節、膝関節、外反母趾)

     

║ 研究・業績

 
当院をご利用の方へ
 

関連施設

済生会湘南平塚病院

 

〒254-0036 平塚市宮松町18-1

TEL/0463-71-6161㈹

外来受付時間

月〜金

■午前
午前8時30分〜
午前11時30分
■午後
午後1時30分〜
午後4時00分

■午前(初診・急患のみ)
午前8時30分〜
午前11時30分

休診日

日・祭日・年末年始

ページトップ

〒254-0036 平塚市宮松町18-1
TEL:0463-71-6161㈹  FAX:0463-71-6163

Copyright c 2017 Saiseikai Shonan Hiratsuka Hospital All Rights Reserved.                (医療機関コード:2010304)