済生会湘南平塚病院

膝関節リウマチ関節外科(研究・業績)

║ 学会発表

1) Comparison of Interface Membranes from Failed Cemened and Cementless Acetabular and Femoral Components: AAOS Scientific Exhivit,1994

2) Comparison of Interface Membranes Obtained From Failed Cemented and Cementless Hip and Knee Prostheses: AAOS Knee Society & Sientific Exhivit, 1994

3) Activation of Human Fibroblasts and Macrophages by Particulate wear debris from Failed Total Hip and Knee Arthroplasty: ORS, 1994

4) ムチランス型RAの発生機序と病態:日本リウマチ学会、1996

5) 手のムチランス変形からみた病態と関節手術の検討:リウマチ関節外科学会、1996

6) 慢性関節リウマチ長期罹患例における脊椎圧迫骨折:日本リウマチ学会、1996

7) 骨芽細胞膜の裏打ち蛋白についての検討:日本整形外科学会学術集会、1997

8) Desmoplastic Fibroma in Metatalsal: 日本整形外科学会骨軟部腫瘍学会、1997

9) High Incidence of Vertebral Fracture and reduction of Bone Meneral Density in Rheumatoid Arthritis: 日本整形外科学会学術集会、1998

10) 慢性関節リウマチ長期罹患例における骨密度の検討:日本リウマチ学会、1998

11) 後十字靭帯を含む新鮮膝複合靭帯損傷に対する保存的修復法の限界:東京膝関節学会、1999

12) 外側円板状メニスクス損傷のX線学的特徴の検討:日本整形外科学会学術集会、1999

13) The radiographic findings of knee with discoid lateral meniscus:AAOS on Orland, March 15-19,2000

14) 骨リモデリングにおける骨芽細胞膜裏打ち構造の寄与についての検討:東京女子医科大学学会第317回例会、2000

15) 慢性関節リウマチ患者における人工膝関節形成術114例での中期成績-セメント、セメントレス、ペグ、ステム:日本整形外科学会学術集会、2000

16) 慢性関節リウマチにおける人工膝関節置換術における自己血輸血における適応と問題点:日本リウマチ学会、2001

17) 膝円板状半月板の免疫組織学的検討:日本整形外科学会学術集会、2002

18) 慢性関節リウマチ患者における罹病期間と骨密度の検討:日本リウマチ学会、2002

19) 慢性関節リウマチ患者におけるセメントレス人工膝関節形成術の中期成績:日本リウマチ学会、2002

20) Ankle Joint Arthrodesis or Implant Arthroplasty:日本整形外科学会学術集会、2003

21) MIS-TKA 50 症例の検討:人工関節学会、2006

22) MIS-TKA 70 の検討:日本整形外科学会学術集会、2006

23) Comparison 70 MIS-TKAs with ordinaly 20 TKAs: ISAKOS Filenze, 2007

24) 屈筋腱解剖学的2重束ACL再建50症例の関節鏡的評価:JOSKAS, 2009

 

║ 論文

1)Horikoshi M, Macaulay W, Booth RE, Crossett LS, Rubash HE. Comparison of interface membranes obtained from failed cemented and cementless hip and knee prostheses. Clin Orthop Relat Res. 1994; 309: 69-87.

2)Jantea CL, McCarthy DM, Herndon JH, Horikoshi M. Palmar approaches/ portals for arthroscopy of the wrist. Arthroskopie.1994; 7: 225–231.

3)井上和彦、堀越万理子.代謝障害. Journal of Joint Surgery. 1994; 13: 63-69.

4)堀越万里子、 井上和彦. リウマチの外科的治療の適応とタイミング. Medical Practice. 1996; 13: 775-780.

5)若林敏行、木村雅史、小林保一、堀越万理子、近内泰伸、入江一憲、井上和彦、中嶋寛之. 小児膝前十字靭帯脛骨付着部剥離骨折の治療成績.関節鏡.2001; 24: 33-38.

6)堀越万理子. 女性の変形性膝関節症の発生要因と治療.骨と関節. 2005; 19: 11-14.

7)Mikashima Y, Tomatsu T, Horikoshi M, Nakatani T, Saito S, Momohara S, Banks SA. In vivo deep-flexion kinematics in patients with posterior-cruciate retaining and anterior-cruciate substituting total knee arthroplasty. Clin Biomech (Bristol, Avon). 2010; 25: 83-87.

8)堀越万理子. 女性医師とワークライフバランス:女性整形外科医として.整形災害外科.2016; 59: 295-299.

 

║ 著書

1)  井上和彦、堀越万理子. 関節内遊離体、骨軟骨腫症:膝疾患保存療法(プラクティカルマニュアル).金原出版; 1997. pp.115-121.

2)堀越万理子. 膝の外傷、靭帯損傷、スポーツ外傷:整形外科看護アップデート.照林社; 2002. pp.338-344.

当院をご利用の方へ
 

関連施設

済生会湘南平塚病院

 

〒254-0036 平塚市宮松町18-1

TEL/0463-71-6161㈹

外来受付時間

月〜金

■午前
午前8時30分〜
午前11時30分
■午後
午後1時30分〜
午後4時00分

■午前(初診・急患のみ)
午前8時30分〜
午前11時30分

休診日

日・祭日・年末年始

ページトップ

〒254-0036 平塚市宮松町18-1
TEL:0463-71-6161㈹  FAX:0463-71-6163

Copyright c 2017 Saiseikai Shonan Hiratsuka Hospital All Rights Reserved.                (医療機関コード:2010304)